専用の研究所がある事

加熱方法の多さ

それぞれの食材に適している加熱をする事でニチレイのおかずは多くの人の舌に合うようになっています。
それは加熱方法の多さに言えると思います。
ニチレイでは前の記事でも紹介したと思いますが、冷凍技術の高さだけではなく加熱方法の多さと言う点でもかなり評価されているのです。

食材にはそれぞれ適している加熱温度と言う物がありその温度を守る事によりその食材がより一層美味しさを増して余計な味付けをしなくても良くなるのです。
ニチレイでは研究施設の中にいくつもの厨房がありそこでは細かく分けてられて製造されているのです。
一つの工場で作るのではなくいくつかの部署を経て最終的な工程を経て急速冷凍されるのです。
そうする事で冷めても美味しいおかずになる事が可能です。

加熱の具合で美味しさは決まります

それ以上加熱してしまうと食材の品質はおそか味の低下まで招いてしまう為、加熱の適した温度を守ると言うのはとても重要な工程でもあるのです。
火を通し過ぎでもいけない食材ときちんと火を通さないといけない食材とあり、それぞれに適した温度で適正な加熱時間を守る事で、食材の美味しさは引き出されるのです。
加熱の具合でも美味しさは決まると言っても良いのはないでしょうか。

ニチレイのおかずが美味しいのは加熱の技術の高さもあると思いますが、それをきちんと守っている機械の性能の高さもあると思います。
高性能の機械の管理もニチレイでは毎週のように細かく点検しておりメンテナンスも半年事に行っています。
このような管理体制も美味しさを守っている秘訣だと思います。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ