厳密な温度管理をしている

ニチレイは今では老若男女から愛される冷凍食品を日々生み出しています。 でもその美味しさを保つには、こだわり製法があるようです。 冷凍食品一つ一つに適した調理工程を徹底して行う事で冷めても美味しさを保てるようにしています。 ニーズに合わせて常に改革を重ねているようです。

体に害の与える調味料を使わない事

ニチレイでは、なるべくその食材の味を生かして少しの調味料のみを加えて作る事で誰の口にでも合う美味しいおかずが作られています。 ですが、凍らせるとなると調味料を多く使えば長期保存もしやすく長持ちしますが、それでは味自体が落ちてしまうので使用しない事で美味しさを引き出せるようにしています。

専用の研究所がある事

常に美味しいおかずを作る為にニチレイには専用の研究所があります。 そこで日々、新製品の開発に力を入れています。 消費者に変わらない美味しさを届けられるのは全て自社で開発製造し、美味しさの追究が行われています。 ニチレイのおかずが選ばれるのは飽きの来ないさりげない華やかさにあるのだと思います。

おすすめリンク

ニチレイのお薦め宅食

カロリー控えめから糖質、脂質控えめコースまでニチレイなら自分にあった宅食を選べます。

一つの商品に適した製法

今までの冷凍食品のイメージは解凍してもあまり美味しくないと言うのが多かったと思います。
ですが、ニチレイのおかずが日々愛されているのは厳密した温度管理にあり、一つ一つのおかずに適した温度管理の元で食品の美味しさを保っています。
温度や湿度管理が徹底している大きな倉庫で管理者の元数時間おきに管理されており、消費者に届くまで新鮮さを保てるようにしています。
ニチレイのおかず商品が美味しいのは冷凍している間もその鮮度や美味しさを失わないようにする工夫がされている事にあります。

始めは、美味しいおかずを開発するのに苦労していました。
今ある機械を利用しておかずを作っていたそうですが、その食品が持つ食感や色にならなかったそうです。
その為、ニチレイでは機械の改造から入り試行錯誤しながら美味しさを追求していきました。
その中でも出来上がった商品を管理する温度が美味しさを保つ為の一番の秘訣だと言う事に気が付き徹底した管理をする事で鮮度や美味しさを一定のまま維持する事に成功しました。

商品を作る工程においてもスパイスの調合や混ぜたりこねたりする工程を一つ一つ工夫する事で温度管理の際にも変色せずに食卓に届けられるようになりました。
各家庭においてニチレイのおかずと言うのは必ず一つは冷凍した状態で冷蔵庫の中に入っていると思います。
いつ食べても変わらない美味しさを食卓に添えるにはその食品に適した保存方法と保存温度を守る事が大切なのです。